ほうれい線を消す方法 ベロ回し マッサージ 効果

  • ほうれい線ができる原因っていったいなに?
  • ほうれい線を消す効果的な方法2つをご紹介

ほうれい線があるだけで、一気に老けて見られたり、見た目年齢や印象もちがってきますよね。

でも、ほうれい線ができてしまっても大丈夫。ほうれい線を消す方法があるんです!

ここでは、できる原因からほうれい線を消す効果的な方法までご紹介していきますよ。

ほうれい線ができる原因っていったいなに?

キャラ

ほうれい線ができる原因は、実にさまざま。

その原因について詳しくお話していきましょう。

ほうれい線のできる原因として、まずいちばんに思い浮かぶのは、年齢とともにやってくるたるみや老化など肌の変化ではないでしょうか?

ですが、ほうれい線の悩みは個人差はあるものの、早ければ20代で気にしだす方もいるくらい。

では、ほうれい線の原因とは、いったいどのようなものがあるのでしょうか? 

【ほうれい線の原因】

  • 肌のたるみ・老化
  • 顔の筋肉のおとろえ
  • 肌の乾燥
  • 生活習慣

ほうれい線のできるおもな原因として、これらのことが考えられます。

肌のたるみ・老化

年齢とともに水分量が減ってしまい、ハリがなくなったりたるんでしまいます。

乾燥肌、紫外線などのダメージ、加齢による新陳代謝の遅れなどの影響により、

お肌の水分量は減少してしまうんです。

ハリがなくなってたるみが目立ち始めると、ほうれい線の溝ができてしまうというわけ。

顔の筋肉のおとろえ

普段あまり使わない筋肉は、力が弱って皮膚を持ち上げることができなくなり、やがて皮膚は下がってしまう。

それがシワになる = ほうれい線となってしまいます。

肌の乾燥

『乾燥はシワの大敵』そんなこともういわれなくてもわかっているよという方が多いと思います。

保湿がしっかりできていないと、ほうれい線だけでなく目尻などシワができやすくなってしまうというわけです。

生活習慣

乱れた食生活や睡眠不足や喫煙、ストレスによってもほうれい線ができてしまうことも。

また、食事のときによく噛まないで飲み込んでしまったり、事務仕事などうつむいている時間の多い方は頬がたるみやすくなってしまうこともあります。

また、骨格のつくりや筋肉のつき方が原因になることもあり、小さい頃からほうれい線が目立つという場合もあります。

ほうれい線を消すのに効果的な方法2つをご紹介

キャラ

ほうれい線のケアには、保湿や顔の筋肉を鍛えるなどの方法がありますが、

それ以外にも早い効果の期待できる方法があります。

これからご紹介する方法はとっても簡単。

わずか数分でできますから、毎日続けるのだってそう大変ではないはずですよ。

簡単!ベロ回しでほうれい線を改善しよう

キャラ

ほうれい線に効果的な『ベロ回し』。

簡単な方法でほうれい線を改善するだけでなく、ほかにもうれしい効果があります。

ベロ回しのやりかた
  1. 口を閉じたまま、舌を歯の表面に沿うような感じでぐるりと一周させる
  2. 左回りに20回、つぎは右回りに20回おこなう

これを1日に3セットおこなうと効果的

舌を回すことで口周りの筋肉が鍛えられます。

また、血行促進にもつながり新陳代謝も促されるから、ほうれい線を改善する効果が期待できますよ。

ほうれい線だけじゃない、ベロ回しの効果はほかにも

ベロ回しは、ほうれい線を改善するために効果的な方法ですが、その効果はほうれい線だけじゃないんです。

ベロ回しによる効果
  • ほうれい線を改善
  • 二重あごの解消
    二重あごを予防するのにとても大切な筋肉である『顎舌骨筋』を鍛える効果もあり、この筋肉を鍛えることで、ついてしまったあごの下のお肉を取り除く効果が期待できます。
  • 目がパッチリ大きくなる
    目のまわりの眼輪筋もストレッチされるので、目が大きくなる効果が期待できます。
  • 顔のゆがみも改善
    舌を動かすと同時に顔の筋肉も動かすことができるので、顔のゆがみを整える効果も期待できます。
  • 口臭予防・美肌効果
    舌を回すことによって口の中の唾液の分泌量が増え、口臭や歯周病予防にもなります。
    また、唾液の文筆が促進されると、若返りホルモン(パロチン)の作用により、皮膚の再生能力が高まり美肌効果も得られることも。

すぐに覚えられてわずか数分でできる方法で、これだけの効果があるってすごいですよね。

二重あごで悩む女性には、ベロ押し体操もオススメです。

舌で上あごの歯茎を20秒ほど強く押すという方法ですが、これをこのベロ回しといっしょに組み合わせて行うのも効果的ですよ。

あいうー体操もいっしょにやってみよう

ベロ回しのように顔の筋肉を鍛える効果のある『あいうー体操』という方法もあります。

顎舌骨筋は舌を支えている筋肉なのですが、普段はあまり使われていないのでおとろえていることが多いんです。

この顎舌骨筋がおとろえ弱くなってしまうと、ほほを支える筋肉も小さくなって、たるみやほうれい線・二重あごの原因となります。

そうならないために効果的なのがこのあいうー体操で、口周りやあごの下の筋肉を鍛える効果が期待できます。

あいうー体操のやりかた
  1. できるだけ大きく口を開けて、「あ」を言うときの口を10秒間
  2. つぎに、「い」と言うときの口をできるだけ横にひいて10秒間
  3. さいごは、「う」のかたちを10秒間

これを1セットとして、5セットおこなう

使わない筋肉は使わない分それだけおとろえてしまいます。

この体操をすることで口の周りや顔の筋肉を使うことができて、ほうれい線だけでなく二重あごの予防や改善につながりますよ。

ただし、やり過ぎてしまうとシワ・シミの原因になるといわれています。

適度におこなうこと、やり過ぎないことが大切です。

1分でできちゃう!ほうれい線に効果テキメン、簡単マッサージ

キャラ

さて、続いての方法は、超簡単マッサージです。

こちらもわずか1分でできる方法です。

マッサージのやりかた
  1. 口の中に両手人差し指を入れ、口の中を外側に広げる
  2. 指を入れた状態でそのまま下から上にマッサージをして、口の中の筋肉をほぐす
    (このときにほぐされて柔らかくなった筋肉は、弾力も持ちほうれい線を消す力を持ってくれる)
  3. 口をぷぅっと力いっぱいふくらませ、そのまま力いっぱい吐き出してへこます
  4. ほほを外側からつまんで、下から上へ円を描くようにスライドさせる
    (マッサージした顔の筋肉をリラックスさせる)

これらを1セットとして、毎日3回くらいマッサージをすると効果的

この方法も、ほうれい線を改善する効果が期待できるだけでなく、

たるみを引き上げる・引き締める効果も期待できるマッサージです。

さいごに

ほうれい線ケアでいちばん大切なのは、しっかりと保湿をおこなうことです。

それに加えて、食事や生活習慣の改善、そして、今回ご紹介した方法で顔の筋肉を鍛えることもとても大切になります。

キャラ

実際にベロ回しをやってみましたが、10回越えたあたりから頭の後ろあたりが痛くなる感じがしました。

私はかろうじて20回できましたが、20回できない方は筋肉が弱っている場合があるそうです。

最初のうちは無理をせず、できる範囲で行なってだんだん数を増やしていくとといいと思いますよ。

ベロ回しとマッサージを行うことで、ほうれい線を消すだけでなく、若返りも期待できるはずです。

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

ほうれい線の金の糸によるリフトアップについては、コチラのブログ記事もチェックしてみてください。

>>金の糸・リフトアップで後悔した?副作用やデメリットまとめ

>>金の糸はレントゲンでバレる?受けるならベルクリニックがオススメ?

>>金の糸美容術の口コミ&評判!値段や受けている芸能人まとめ

>>糸によるフェイスリフトの価格相場は?

>>【ほうれい線を消す方法】ベロ回し・マッサージが効果的?

>>【ほうれい線が絶対消える方法】毎日5分で5歳若返るエクササイズ

>>【若返りホルモンを出す方法】お腹が鳴るほど空腹を感じればOK?

>>若返りホルモンとは?運動したり空腹を感じると若返ることができる?

>>湘南美容外科・リフトアップの口コミ&評判!レーザー効果のデメリットは?