フェイスリフト 効果的 オススメ グッズ

  • フェイスリフトとは
  • フェイスリフトの方法
  • 効果的&おすすめグッズの紹介

アンチエイジングのためにフェイスリフトを考えている方。

美容外科などのフェイスリフトの施術はとても高くて困ってしまいますよね。

そこで今回は極力お金をかけずに自宅でできるフェイスリフトについて調べてみました。

効果が高いおすすめグッズを中心に紹介していくので、参考にしてくださいね。

フェイスリフトとは

30代40代以上の女性に大人気の美容術、フェイスリフト。

フェイスリフトとは、具体的にどのようなことを言うのでしょうか。

フェイスリフトを直訳すると「顔を吊り上げる」という意味ですよね。

そう、加齢とともに垂れ下がってきた顔を、上に引き上げて見た目を大きく若返らせることをフェイスリフトと言います。

キャラ

フェイスリフトをすることによって、人によっては10~15歳若返ることも可能

アンチエイジングの美容術としては最強の効果が得られるとして、女性に大人気の施術なのです。

フェイスリフトの方法

フェイスリフトには、いくつかの方法があります。

方法によって金額も施術時間も内容も、その後のダウンタイムと効果持続時間が大きく変わるため、施術前に悩む人はとても多いです。

以下にフェイスリフトの方法を挙げていくので、参考にしてください。

切るフェイスリフト

フェイスリフトの代表と言えばこれ。切るフェイスリフトです。

耳の前に切り込みをいれ、ほっぺたの皮膚を下の筋膜ごと上に引っ張り上げ、たゆんだ部分の皮膚を切除して耳の前で縫い上げる。

フェイスリフトとしては一番効果が高く、高額をだしてもこの方法を選ぶ人は多いです。

デメリットは以下の通り。

  • ダウンタイムが長い
  • 傷跡が、長い人だと1か月以上はのこる
  • 手術自体の時間も長い
  • 術後の痛みや赤み、炎症も長く続く
  • 費用が高額である
  • 医師の腕によっては左右不均衡の顔になるなど、重篤な後遺症が残ることもある

いかがでしょうか。デメリットを見て施術を諦める人もいるくらい、大きい決断が必要ですよね。

キャラ

とはいえ、結果のリフトアップ効果をみても、他のフェイスリフトに比べて一番効果が高い方法であることは否めません。

とげのある糸によるフェイスリフト

切るフェイスリフトの外科処置の負担を減らし、尚且つリフトアップ効果をなるべく大きくしたいという方は、とげのある糸を皮下に挿入する方法を選ぶ傾向にあります。

とげが皮膚を持ち上げる役割を果たします。物理的に考えても、フェイスリフトの効果の高い方法ですよね。

外科処置としては切るフェイスリフトに比べるととても負担は軽くなります。

しかし物理的に皮膚を持ち上げるという事は、皮下での炎症・痛み・赤みは当然起こります。

とげによって持ち上げた皮膚がとげから外れてしまうこともあります。

顔の表情筋は目まぐるしく動き、狙った効果が出ないこともあるのです。

キャラ

炎症赤みが続くこともあり、人によっては告知されていた以上のダウンタイムを要することも。

クリニックによって変わりますが、値段もそれなりのものなので、施術前に大きな覚悟が必要な方法の一つです。

金の糸などによるフェイスリフト

とげのない、髪の毛よりも細いつるりとした糸を皮下に挿入するフェイスリフトもあります。

この場合、糸による物理的な皮膚の持ち上げ効果は見込めません。

しかし糸の周りにコラーゲンが生成され、結果的に肌が若く再生するという効果が見込めます。

肌の中の栄養分精製のための時間はかかりますが、肌に弾力がよみがえることでフェイスリフトにつながったという体験者の声も多数。

切らないフェイスリフトとして人気が上昇中のこちらの方法ですが、メリット・デメリットは以下の通り。

メリット

  • 施術が簡単で痛みが少ない
  • ダウンタイムも少ない
  • 自分自身の自然の力で若さを取り戻すことができる
  • 周囲にばれることがほとんど全くない

デメリット

  • 効果が出るまでに時間がかかる
  • 効果が実感できにくい
  • 糸が皮下からはみ出してくることがある

いかがでしょうか。施術の負担が少ないことは素晴らしいことです。

ダウンタイムや痛みが少ないこと、そして何よりも自分の力で若返りを取り戻せるという点が、美容整形に抵抗を感じる人でも受け入れることができる内容ではないでしょうか。

外科的処置ではなく、あくまでも自分の肌の本来の力を取り戻す助けをするだけ。

整形よりもずっと罪悪感を持たずに済む方法として人気です。

しかしデメリットの大きなものは「効果が見えにくい」という点。

キャラ

せっかく数十万円単位のお金を払って処置してもらうのに、効果が見られないというのはネックですよね。

美容鍼によるフェイスリフト

つるつるの糸を皮下に挿入するのよりももっと手軽でより自然肌力を取り戻す方法として、美容鍼が挙げられます。

金の糸は皮下に挿入し、数か月で体内に吸収されて消えてなくなるという性質のもの。

それに比べると美容鍼は、クリニックで鍼を指し、しばらくしたら鍼を取り除きます。

キャラ

「それだけで効果あるのか?!」

と思われるかもしれませんね。答えは、「あります!」

ツボ、というとぴんと来ないかもしれませんが、東洋医学として古くから研究されてきた、血流を促進させる体のポイントというものがあります。

そこに鍼を指してそのあたりの血流を促進させることで、老廃物はどんどん流れます。

血流が回復することで、滞っていた栄養素も肌に潤滑に届くことに。肌本来の力は大きく回復します。

施術直後からリフトアップ効果を感じる人が多く、フェイスリフトとして信頼できる施術と考えていいでしょう。

効果の持続時間が気になるところですが、人によっては数日。長くて1か月以上とばらつきがあります。

美容鍼治療をすると同時に、普段の生活習慣を改めるなど同時にすることで、効果持続も長くなると考えられます。

マッサージでリフトアップ

フェイスリフトでマッサージをする人も多いですよね。

エステサロンなどでリフトアップ効果の高いマッサージを受け、それによって肌が若返ります。

外科的処置でない事や、物理的な効果がいまいちであるとの口コミも多いのですが、持続時間が短いという点を除けば理にかなったフェイスリフトと言えます。

マッサージを行ってくれるのは、概ねエステサロンです。当然料金は高額です。

デートやイベント前に駆け込み寺のように利用する女性も多いのですが、効果持続時間は短いというシンデレラ的な処置。

キャラ

自宅で持続してマッサージしていくことで、効果を長持ちさせる方が、コスパの点でも現実的です。

以下に自宅でのマッサージ方法やおすすめグッズを紹介していくので、合わせてご覧ください。

マッサージに効果的&おすすめグッズの紹介

自宅でマッサージを続けていくことには、メリットデメリットがあります。

メリットは継続して行うことで効果が持続しやすいという点。

自分の力で行うため、コスパも当然安くつきますよね。

デメリットは、効果が著しいものではないという点。プロの施術にはかなわないという事です。

キャラ

それらをふまえて、自宅で効果的にリフトアップできると評判のグッズを紹介していくので、参考にしてください。

美顔器

フェイスリフトと言えば美顔器。若い頃にフェイスリフトは必要ありません。

加齢によって肌は下の方へとたるむのです。当然肌が若返ることでたるみは解消されます。

美顔器の多くは、フェイスリフトはもちろん、肌を若返らせ活性化させる効果の物がほとんどです。

以下に口コミで評判の高い美顔器をおススメするので、参考にしてください。

パナソニック:光エステES‐WH95

大手のパナソニック製品。口コミでの評価は軒並み高い信頼できる美顔器です。

コンパクトで使いやすく、収納もしやすい。

シンプルなデザインだけど、機能は抜群。値段も30,000円に少し色がついた程度で手が届きます。

エステに行く前に、試してみてもいい商品ですよね。

ブラウン:シルクエキスパートBD5003

一度使っただけで効果が実感できると好評のブラウンの製品。

価格は42,000円前後と、これまた手が届きやすい範囲内。2~3回エステに行くくらいなら、自宅で好きな時間に何度でも施術を出来る美顔器の方が、どう考えてもお得だと思いますよ。

キャラ

美顔器としてのブラウンはまだ実績を重ねている最中ですが、今後も型番が上がるごとに性能がアップするのではと期待できますね。

コロコロローラー

美顔器は電気を使います。

電気を使わずにアナログな方法で肌をマッサージして、驚くべき効果を上げる製品もあるのです。

MTG:ReFaCARAT PEC-L1706

ヨドバシなどの店頭でよく見かけるこちらの商品。

見るからに重厚で肌に効力がありそうですよね。

口コミ評価は軒並み高く、効果も見込めます。

値段も23,000円程度と手が届きやすいです。

フェイスリフトのためのマッサージというと、わざわざそのための時間を用意しなくてはならないという印象ですが、こちらのローラーであればそんな手間もいりません。

微電流が流れており、それが肌を活性化させる効果もあります。

キャラ

あまりの人気に亜流品が多く出回るというデメリットも。買う時の値段や製品番号をよく確認して、偽物を買ってしまわないように注意しましょうね。

パナソニック:ローラー式美顔器温感エステローラー

10,000円を切る美顔ローラーとして人気のこちらの製品。

安い割には効果も高く、「他の美顔ローラーに全く劣らないじゃないか!」と好評です。

もちろん完全防水。お風呂の中でも使用できるという利点もあります。

キャラ

美顔ローラーに疑いを持っている方は、こうした安い製品から試してみるのも一つの手ですね。

ヤーマン:プラチナゲルマローラー

美顔ローラーの先駆品と言えるこちらの商品も、いまだに根強い人気を誇っています。

キャラ

カバンの中にいつも持ち歩いているというモデルさんも多く、効果が信頼できますよね。

ローラーに内蔵された石の力は永久的に効果を発揮します。

電気製品でないが故の魅力を凝縮したおすすめの美顔ローラー。

お値段も始めやすいものですよね。

氷のう

意外や意外。お金をほとんど全くかけずに、美肌を保つ術があるのをご存知でしょうか。

女優さん・モデルさんの間では一般的すぎて「やらなきゃおかしい」とまで言われるこちらの方法。美肌のために、肌を冷やすだけ

氷のうなどで、肌をひたすら冷やすのです。

これだけで広がった毛穴がキュッと引き締まり、美肌へと変化します。

「え?そんな簡単な方法で?!」と思われるかもしれませんね。

そういう方は、是非一度お試しを。氷のうであれば近くのドラッグストアで1000~2000円で購入可能。コストをかけずにすぐにでも試すことができます。

キャラ

氷を張った水に、コットンの優しい生地のタオルをつけて冷やし、それを顔全体にあてて冷却パックするという女優さんもいます。

多少手間暇はかかりますが、若返り術として非常に効果の高いフェイスリフト方法ですよ!

自宅でフェイスリフトするメリットデメリット

さて、自宅でフェイスリフト出来る便利グッズを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

「これならば試したい!」という商品や手段があれば、是非すぐにでもお試しください。

美は一日にしてならず日々の努力、ケアを続ける根気こそ、美を保つ一番大切なものです。

エステや美容外科は、自分ではどうにもならない時の駆け込み寺と考えていいでしょう。

自宅でケアする際のメリットデメリットを以下に挙げてみますね。

メリット

  • コストパフォーマンスがとても高い
  • 自分の好きな時間に出来る
  • 毎年性能の高い製品が出ているため、効果も見込める
  • 日々ケアを続けることで、フェイスリフトの効果が持続しやすい

デメリット

  • 根気が続かない人もいる
  • 選ぶ商品によっては効果が感じられない
  • プロの施術ほどの効果は上がらない

こうして見比べると、デメリットがほとんどないという事がわかります。

最初の商品選びを十分気をつけさえすれば、確実にフェイスリフトの効果が上がる方法と言えます。

もちろん完ぺきではありません。老化という自然現象に逆らう行為には限界があります。

いつの日か自宅ケアでは間に合わなくなり、美容外科やエステに駆け込む日も来ることでしょう。

そんな時期を少しでも遅らせるために、自宅でのケアはどう考えても効果的です。

キャラ

仮に美容外科でフェイスリフトのための何らかの施術をしたとしても、その効果を顕著にする助けにもなるのですから!

フェイスリフトやヒアルロン酸注射によるシワ・たるみの改善については、コチラのブログ記事もチェックしてみてください。

>>ほうれい線にはヒアルロン酸注射がオススメ?料金や失敗リスクは?

>>頬のたるみにはヒアルロン酸注射が効果的?体験者の口コミ&評判

>>【ヒアルロン酸注射の副作用】失敗すると頬がパンパンになる?

>>肌の張りを取り戻す!肌のアンチエイジングに効果的な方法5選

>>頬のたるみ改善には顔の筋トレは逆効果?よくある間違い10選

>>たるみの改善なら皮膚科かエステがオススメ?