コラーゲン ヒアルロン酸 違い

  • コラーゲンとヒアルロン酸、それぞれの特徴は?
  • コラーゲンとヒアルロン酸の肌への効果と違いは?

コラーゲンとヒアルロン酸、

どちらも肌のうるおいのために

 

欠かせない成分であることは

ご存知の方も多いと思います。

 

でも、

それぞれどのような成分なのか、

また働きや効果って知っていますか?

 

コラーゲンとヒアルロン酸の

違いについてまとめてみました。

 

 

コラーゲンとヒアルロン酸、それぞれの特徴は?

コラーゲン ヒアルロン酸 効果

 

キャラ

コラーゲンとヒアルロン酸の共通点は、からだのあらゆる部位に存在しているということです。

 

コラーゲンとヒアルロン酸の特徴や役割は?

肌によい成分なのは知っているけど、

実際にどのような働きがあるのか。

 

また、肌に対して

どんな効果があるのか

 

知っている人はあまりいない

かもしれませんね。

 

コラーゲンとヒアルロン酸の違いを

詳しくお話していきましょう。

 

コラーゲン

コラーゲンの特徴と働き

【特徴】

  • ゼリー状をしていて、水の分子を結びつける性質をもつ
  • 主に皮膚や軟骨、目や脳、関節液などに多く含まれる

【働き】

  • 肌や目の潤いを保つ

 

肌に潤いや弾力を与えるだけでなく、

目の潤いを保ったり、

 

関節の動きをなめらかにするなど、

からだにとってとても重要な

働きをしている成分です。

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸の特徴と働き

【特徴】

  • たんぱく質の一種
  • 主に血管や腱、歯や骨、皮膚などに多く含まれている

【働き】

  • 血管をしなやかにする
  • 細胞同士をつなげる
  • 臓器のサポートや筋肉と骨を結ぶ腱の構成

 

また、皮膚においては、

真皮層が組織の約90%以上を占めますが、

 

水分を除いた乾燥重量の

70%はコラーゲンで、

 

肌の弾力を保つために

大きな影響を与えている成分です。

 

コラーゲンとヒアルロン酸の共通点もある

 

コラーゲンとヒアルロン酸には

いくつか共通点があり、

 

どちらも年齢を重ねることで

減少してしまう成分でもありますね。

 

それは、

どちらも軟骨に

存在している成分

であるということ。

 

また、皮膚では、

コラーゲンとヒアルロン酸は

真皮に存在しています。

 

 

コラーゲンとヒアルロン酸の肌への効果と違いは?

コラーゲン ヒアルロン酸 効果

キャラ

どちらも肌のハリや弾力に欠かせない成分ですが、役割は大きな違いがあります。

 

コラーゲンの肌への効果

 

皮膚のおよそ40%を占めているので

肌の土台となっているともいえますね。

 

真皮の中を張り巡り、

細胞と細胞をつなぐ働きをしており、

これが肌の弾力を生み出しています

 

また、コラーゲンは、

皮膚の表皮細胞の新陳代謝を促して、

肌の老化も防ぐという役割もしてくれます。

 

【肌への効果】
  • 弾力を生み出す
  • 肌の老化を防ぐ

 

ヒアルロン酸の肌への効果

 

ヒアルロン酸は、保水力が

とても高いといった特徴があり、

 

わずが1gで6,000倍にあたる

6リットルもの水分を保てるという、

すごい成分なんです。

 

また、

皮膚にも重要な役割があって、

 

真皮層ではコラーゲンや

エラスチンなどの主な成分のすき間を埋めて、

 

水分を抱え込む

といった働きをしています。

 

この働きによって、

肌の乾燥を防いで潤いを保つ

ことができます。

 

【肌への効果】
  • 肌の水分を維持し、潤いを保つ
  • 乾燥を防ぐ

 

ヒアルロン酸が不足してしまうと、

ハリや弾力がなくなったり、

シワやシミ、たるみの原因になることも。

 

コラーゲンとヒアルロン酸が美肌に役立つのは…

 

キャラ

コラーゲンとヒアルロン酸は、お互い助け合うことで美肌を保つことができるのです。

 

コラーゲンとヒアルロン酸の

役割の違いは、

 

これまでの内容で

お分かり頂けたのではないかと思います。

 

ヒアルロン酸が減ってしまえば、

水分が保たれずに肌は乾燥していき、

 

コラーゲンが減れば、

水分を持つヒアルロン酸を

束ねられずに肌はたるんでしまいます。

 

ヒアルロン酸が水分をつかんで、

そのヒアルロン酸を

コラーゲンが引き締める。

 

つまり、

どちらかひとつだけを摂っても

あまり効果を得ることはできない

ということなんですね。

 

コラーゲンとヒアルロン酸をバランスよく保つということが、美肌を保つためにとても大切だということなのです。

化粧品からコラーゲンとヒアルロン酸を取り入れるには?

 

『ヒアルロン酸入り』

といわれている商品は

 

ドラッグストアなどで

よく見かけるので、

 

「ヒアルロン酸・コラーゲン=肌の潤いのためによい」

と思って購入することも

あるかもしれません。

 

実は、残念なことに、

コラーゲンもヒアルロン酸も、

 

肌の表面から塗っても浸透しにくいため、

コラーゲンもヒアルロン酸も、

 

肌になじみやすくするために

低分子化されたもの

を使用するのがおすすめです。

 

化粧品選びのポイント

肌になじみやすく低分子化されたものを使用することで、水分の保持、蒸発予防をすることができる。

 

コラーゲンとヒアルロン酸、摂るならどっちがいいの?

 

コラーゲンとヒアルロン酸は、

どちらも肌の潤いのために

欠かせない成分です。

 

コラーゲンは、繊維状のたんぱく質で、

肌のハリと弾力を保つ働きがあり、

 

ヒアルロン酸は、

大変高い保水力を持ち、

 

細胞同士の間でクッションのような

役割を果たしています。

 

役割はそれぞれ違いますが、

お互い密接な関係のある成分

ということがわかりました。

 

どちらかひとつを摂るのではなく、

どちらもバランスよく摂取することで、

 

肌のハリや弾力など

美肌に効果が出るのではないでしょうか?

 

 

さいごに

コラーゲンとヒアルロン酸、どちらも肌のためによい成分だということは知っていましたが、似たような働きがあるんだろうと間違った認識をしていました。

また、バランスよく摂取することが

とても大切ということも

 

初めて知ったので

とても驚きましたが、

 

そのように思われた方も

多かったかもしれませんね。

 

キャラ

化粧品やサプリメントなど、たくさんの種類があるので、それぞれの効果や組み合わせなどを知っておくことも大切ですね。

 

コラーゲンとヒアルロン酸を

上手に取り入れながら、

 

栄養バランスのとれた食事や適度な運動、

規則正しい生活を送ることを心がけて、

 

より美肌に近づけるように

励んでいきましょう!

 

ヒアルロン酸注射についてはコチラ!

>>飲むヒアルロン酸コラーゲンは効果なし?食べ物やサプリの口コミ&評判

>>顔のたるみ取りにはヒアルロン酸注射!注入が失敗することはある?

>>20代なのに肌にハリがない?肌のハリを取り戻すサプリメント5選

>>【コラーゲンとヒアルロン酸の違い】ヒアルロン酸とコラーゲンどちらがいい?

>>目の下のたるみ取りにはヒアルロン酸注射がオススメ!費用&失敗リスク

>>ヒアルロン酸注射で頬のこけを改善!料金や副作用の危険性について

>>頬にヒアルロン注射した芸能人まとめ!若返るどころか失敗してる?

>>首のシワ・たるみを改善する筋トレ5選!